ツバメヤ眼鏡店の想い
ツバメヤ眼鏡店の想い

初代社長・杉谷外治がネーミングした店名は、
鳥の【ツバメ】に由来します。

鳥は目が良く・ツバメは益鳥である。

視力を司るメガネ…
それを取り扱う「店」としての志を表現したものです。

顔の真ん中に位置するメガネが、その人の個性を醸し出すアイテムと捉え楽しく軽い【楽・らく・メガネ】をキャッチコピーとしています。

創業以来メガネ一筋に営業して来ましたが、現在は補聴器も取り扱っております。
情報を得る人間の五官(五感)が視覚60%、聴覚20%といわれ、実に80%が見る・聴くということです。

これからもツバメヤ眼鏡店は
「視力・聴力を通じお客さまの笑顔作り」に邁進します。

二代目社長 杉谷宗彦

二代目社長 杉谷宗彦

19
36
HISTORY OF
TSUBAMEYA

昭和11年創業高円寺と共に歩む

ツバメヤ眼鏡店は1936年、昭和11年6月に高円寺で創業しました。
高円寺に創業してから80年以上、現在に至るまで4か所の移転を行い、現在の場所で営んでいます。
高円寺の風景の変遷とともに、ツバメヤ眼鏡店も歩んできました。

高円寺阿波おどり

高円寺阿波おどり

東京の代表的な夏祭りの一つ「東京高円寺阿波おどり」は昭和32年に商店街の青年部が町おこしとして始まりました。
当時は「高円寺ばか踊り」と呼ばれ、その後都内に住む徳島県出身者から指導を受け、さらには本場徳島への阿波おどり留学などを経て、徐々に発展してきました。
今や夏の本番だけでなく1年を通じて徳島と高円寺の縁が結ばれています。

ツバメヤ眼鏡店では社長の杉谷が高円寺純情商店街理事長や高円寺阿波おどり連協会会長、また江戸っ子連連長を務め積極的に参加してきました。

高円寺の4大祭り【演芸まつり(2月)】【びっくり大道芸(5月)】【高円寺阿波おどり(8月)】【高円寺フェス(11月)】の【演芸まつり】ではツバメヤ寄席をするなど、現在も愛する街、高円寺を盛り上げるために商店街と様々な試みをしています。

徳島の藍染を眼鏡に

徳島の藍染を眼鏡に

ツバメヤオリジナルの商品を探し続け十数年、徳島でフレームを染色される方と出会いました。
阿波おどりが高円寺と徳島を繋ぎ、さらにメガネでご縁を頂き、唯一の販売店として取り扱わせて頂いてます。

世界初の藍染眼鏡

藍染眼鏡はフレーム自体を藍で染め上げている世界初の藍染めメガネです。約2週間~1ヶ月かけて1本ずつ藍染めをして染め上げているため、同じ模様はない世界に一つのオリジナルフレームです。

19
67
19
69
19
71
19
77
19
80
19
85
19
91
19
95
20
05
20
12

徳島の藍染を眼鏡に

阿波おどりが高円寺と本場徳島との縁を結び、高円寺を愛する人には徳島は大切な場所となっています。阿波おどりがつないだ縁から、ツバメヤ眼鏡店では徳島が誇る藍染のメガネを扱うことになりました。

世界初の藍染眼鏡

藍染眼鏡はフレーム自体を藍で染め上げている世界初の藍染めメガネです。約2週間~1ヶ月かけて1本ずつ藍染めをして染め上げているため、同じ模様はない世界に一つのオリジナルフレームです。

徳島の藍染を眼鏡に

昭和11年にツバメヤ眼鏡店は高円寺で創業しました。現カラオケ館さんの真向かいに商店が並んでいました。

- 1940

- 1945

- 1950

- 1955

- 1960

- 1965

- 1967

昭和42年に中央線が高架になったこともきっかけとなり北口の商店街も阿波おどりに参加します。
南北の商店街が陸続きになりました。

- 1967-1969

- 1967-1969

- 1969

昭和45年、駅前区画整理に伴い仮店舗へ。翌年より駅前が現在の広場となります。

- 1969

- 1970

- 1971

昭和46年、高円寺北口駅前にて新店舗がオープン。現在のサンドラッグさんの位置になります。
オープン記念にマイク眞木さんと前田美波里さんをお呼びしたそうです。

- 1971

- 1972-1976

当時の北口駅前の雰囲気です。

1972-1976

- 1977

昭和52年、看板と店内を改装。新装いたしました。

-1977

- 1980-1985

北口駅前には噴水がありました。

- 1980-1985
- 1980-1985

- 1985

昭和60年、たくさんのメガネ、ディスプレイが並んでいました。

- 1985

- 1989

平成元年、おもしろメガネデザインコンテストを開催。
お客様からの応募です。

- 1989

- 1990

平成2年、駅前もビルが少なく青空が綺麗です。

- 1990

- 1991

改装のため、閉店セールでフレーム大バーゲンの後改装。電飾看板になり、内装も綺麗になりました。
4月の決算セールには多くのお客様にお越しいただきました。

- 1991

- 1995-2004

商店街のアーチをくぐった中ほどに新店舗を移転しました。1階はメガネ・補聴器の販売、地下1階はコンタクトルームです。

- 2005-2012

時代の変化と共に、ツバメヤも縮小せざるを得ない状態となり、家族経営の小さな店となります。
商店街中ほどの2階へ店舗を移し、従来のお客様に支えながら営業していました。

- 2012.10 ~

数年ぶりに路面店へと移転。現在の場所で地元密着のメガネ店として営業しています。